JSSC | 報道など

自殺総合対策推進センター報告/資料報道など > 2017

報道など

2017

2017.11.14
全国フォーラム「『秋田モデル』から考えるこれ方の自殺対策(主催:秋田魁新報社)」が開催されました。
同フォーラムには、本橋豊センター長が基調鼎談に、金子善博自殺実態・統計分析室長がパネルディスカッションに登壇しました。
「秋田モデル」から自殺対策考える 都内で全国フォーラム
秋田魁新報(11月14日)
同フォーラムの様子が秋田魁新報・東京新聞(2017年12月15日)に採録されました。(2018.1.12更新)
2017.11.11
本橋豊センター長のコメントが掲載されました。
「死にたい」は「生きたい」・・・SNSは悩みの受け皿、自殺対策で一律規制に懸念
産経新聞(11月11日)
2017.9.21
本橋豊センター長のコメントが掲載されました。
自殺:夏休み明け報道、識者注文 誘引せぬよう、表現や時期配慮を
毎日新聞東京版(9月21日朝刊)
2017.08.29
本橋センター長が2017年8月22日に公益財団法人フォーリン・プレスセンター(東京)にて、「自殺率3割減に向けて~自殺大綱5年ぶり見直し~」と題して、今年5月、政府への報告書を提出した「新大綱の在り方についての検討会」座長の立場から、新大綱の特徴や意義、今後必要とされる自殺対策についてのプレス・ブリーフィングを行いました。
2017.8.2
本橋豊センター長のインタビューが掲載されました。
論点:自殺大国からの脱却
毎日新聞東京版(8月2日朝刊)
2017.05.09
4月26日に「新たな自殺総合対策大綱の在り方に関する検討会(第6回)」がTKPカーデンシティー永田町(東京都千代田区)にて開催されました。本件検討会会議の様子は厚生労働省自殺対策推進室のFacebook「いのちつなぐ」に掲載されています。厚生労働省のTwitterでも紹介されています(こちら)。
2017.3.23
本橋豊センター長のコメントが掲載されました。
自殺による損失4600億円 15年、厚労省試算
日本経済新聞(3月23日)

報道などトップへ戻る

 

自殺対策先進事例データベース

革新的自殺研究推進プログラムIR-SCP

Suicide Policy Research自殺総合政策研究

WHOとの協力

働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」

ページのトップへ戻る