生きることの包括的支援研修(令和元年度 第2回)|JSSC

自殺総合対策推進センター > ご案内 > 2019.12-5

生きることの包括的支援研修(令和元年度  第2回)


2019.12.5作成
2019.12.18更新

 自殺総合対策推進センターでは、地域自殺対策計画の推進にむけ基盤的施策、重点的施策などに挙げられる領域別対策・事業の具体的な理解と支援技術を深めることを目的として、「生きることの包括的支援研修」を開催しています。

 子ども・若者に対する自殺対策の進め方については今後の自治体における重要な課題であり、対策関係者の理解を深めることが大切です。特に自殺対策SNS相談はどのように進めたらよいのか、居場所づくり事業はどのように進めたらよいのか、手探りの自治体も多いのではないでしょうか。これらの対策については行政独自の事業だけでなく、若者の参画や民間団体との連携が重要です。そこで本研修では実践的な活動と、それらの活動の自治体との連携について紹介します。


開催概要

テーマ:子ども・若者支援の進め方:居場所づくり活動の自治体との連携と自殺対策SNS相談事業
日 時:2020年2月5日(水)午後1:00~午後4:00
場 所:ベルサール八重洲 2階(東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル)
対象者:都道府県と市町村の自殺対策に係る行政関係者 募集人数120名

>>参加申込方法について、各地域自殺総合対策推進センターを通じてご案内いたしました。

自殺対策先進事例データベース

革新的自殺研究推進プログラムIR-SCP

Suicide Policy Research自殺総合政策研究

WHOとの協力

働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」

ページのトップへ戻る